top of page
  • 執筆者の写真株式会社Meta Osaka

大阪特化のメタバース企業・Meta Osaka 記者発表会のご案内

事業説明のほか、メタバースを使った地方創生のアイデアや実例についてご紹介

~メタバース市場は2030年に100兆円の予想 ビジネスや観光の課題解決を支援~


■株式会社Meta Osaka 設立記者発表会■ 日時:11月27日(月) 17時~18時30分 (受付16時30分~) 場所:インターコンチネンタルホテル大阪(住所:大阪市北区大深町3-60) お申込みフォーム: https://forms.gle/bQgp3icpFyvqPUvx5



オンラインゲーム「フォートナイト」に特化したメタバース空間の開発、イベントの企画・運営を手掛ける株式会社Meta Osaka(住所:大阪市中央区、代表取締役:毛利 英昭、取締役:松石 和俊・堀 感治)は、「大阪を世界一面白い街にする」をミッションに2023年9月1日に当社を設立しました。

11月27日(月)、梅田にあるインターコンチネンタルホテル大阪にて事業内容やビジネスモデルをご紹介する記者発表会をトークセッション形式で実施します。

当日は関連会社が制作したメタバース空間をご体験いただく時間も設けます。

宇宙空間をイメージしたライブステージ
宇宙空間をイメージしたライブステージ

■メタバース市場は2030年に100兆円。メタバース空間に大阪を再現し、大阪の価値向上に貢献します 総務省の情報通信白書(※)によると、2021年のメタバース市場は388億ドル、2030年には6788億ドル(1ドル150円と仮定して約100兆円)まで拡大すると予測されています。 当社は、「大阪を世界一面白い街にする」をミッションにメタバース空間の開発、現実空間と仮想空間を融合した(デジタルツイン)イベントの企画・運営を手掛けます。上記に加え、コンサルティング、知的所有権(IP)の取得、使用許諾、売買及び管理などを事業とし、今後、全世界で5億人が遊ぶオンラインゲーム「フォートナイト」内のメタバース空間に大阪の街を再現し、大阪の魅力を発信してまいります。 当社が大阪の街をメタバース空間に再現することで、 「企業の新たな広告媒体として」 「リアル観光につながるイベントをメタバース上で開催」 「海外旅行客が大阪に来る前のシミュレーションとして」 など、新たなビジネスチャンスを生んだり、観光に関する課題の解決につながります。 記者発表会では、事業内容を詳しくお伝えするほか、関連企業の制作するメタバース空間を自由に散策いただける体験会も開催します。 https://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/r04/html/nd236a00.html <株式会社Meta Osaka 設立記者発表会> 開催日時 2023年11月27日(月) 17時~18時30分(受付16時30分~) 開催場所 インターコンチネンタルホテル大阪(住所:大阪市北区大深町3-60)       JR「大阪駅」、大阪メトロ御堂筋線「梅田駅」、阪急電鉄「大阪梅田駅」、       阪神電鉄「大阪梅田駅」より徒歩約5分 当日スケジュール  17:00~ メタバースと会社説明  17:20~ 地方創生 × デジタルツインの実例  17:40~ 教育 × メタバース(XR)  17:55~ Meta Osakaのこれから  18:15~ 個別取材&メディア向け試遊会  ※18時30分以降も個別取材、試遊はいただけます ゲストスピーカー 古澤 明仁 氏 ウェルプレイド・ライゼスト株式会社 代表取締役 池田 浩士 氏 エンターフォース株式会社 代表取締役社長         eスタジアム株式会社   角田 拓志 氏 株式会社モンドリアン 代表取締役 奥田 絵美 氏 株式会社ママそら 代表取締役 ■フォートナイトについて Epic Gamesが販売・配信する、2017年に公開されたオンラインゲーム。家庭用ゲーム機やPC、スマートフォンに対応し、武器やアイテムを集めながらバトルし、最終的に生き残った1名が勝利するという「バトルロイヤル」モードが人気です。2018年から「クリエイティブ」と呼ばれるモードが始まり、ユーザーが自由にステージを作れるようになりました。 さらに2023年3月、 Epic Gamesは「UEFN(Unreal Editor For Fortnite)」と呼ばれる機能をリリースし、「クリエイティブ」の自由度を拡張。フォートナイト内にはないオリジナルの建物などを作れるようになり、映像も格段にアップグレードされました。当社ではこの「UEFN」機能を使い、大阪の街をフォートナイト上に公開していきます。 ※フォートナイトの売上:2018年=56億2,800万ドル、2019年=42億2,100万ドル ■会社概要 会 社 名:株式会社Meta Osaka 代表取締役:毛利 英昭   取締役:松石 和俊、堀 感治 本社所在地:大阪市中央区難波5-1-60 なんばスカイオ 27F 大阪ギルド:大阪市北区太融寺8-17 プラザ梅田ビルB1 事業内容 :

メタバース関連技術を活用した広告代理業務ならびにコンサルティング業務 イベント企画、運営及びコンサルティング業務 デジタルツイン(リアルとメタバースを融合した)イベントの企画、運営 及びコンサルティング業務 無体財産権(著作権、著作隣接権、特許権、実用新案権、意匠権、商標権等)の取得、 使用許諾、売買及び管理 H    P: https://www.meta-osaka.co.jp/ ■参考資料 プレスリリース 10月18日:UEFNによる大阪特化型メタバースを手掛ける株式会社Meta Osakaが設立        https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000131350.html 10月26日:株式会社MetaOsakaとワンダーグループが事業提携        https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000131350.html ■関連会社 [事業者名]株式会社Meta Heroes [代表取締役]松⽯和俊 [東京本社]東京都渋⾕区渋⾕2-24-12 渋⾕スクランブルスクエア39階 [⼤阪本社]⼤阪府⼤阪市北区堂⼭町1-5 三共梅⽥ビル8階 [事業内容] メタバース、ブロックチェーン、そしてインフルエンサーマーケティングの専⾨チームが集結して創業。UEFN(Unreal Editor For Fortnite)にも参⼊し、進化し続けるテクノロジーとサービス、マーケティング⼿法の⾰新を追求。メタバース市場における新たな機会を提案し、⽇本発のアイデアで世界に挑むスタートアップ企業として活動を展開している。 [H  P] https://meta-heroes.io/ [事業者名]META PLANNING 株式会社 [代表取締役]西村寛和 [本社所在地]京都府京都市中京区烏丸通四条上る笋町688第15長谷ビル9階 [事業内容] ・メタバース関連技術を活用した広告代理業務ならびにコンサルティング業務 ・イベント企画、運営、及びコンサルティング業務 ・デジタルツイン(リアルとメタバースを融合した)イベントの企画、運営及びコンサルティング業務 ・無体財産権(著作権、著作隣接権、特許権、実用新案権、意匠権、商標権等)の取得、使用許諾、売買及び管理 ◆お問合せ先 ●取材に関するお問い合わせ● 株式会社Meta Osaka 広報事務局 担当:辻本・小村・岡本・田村  TEL:06-4708-3766  

E-mail:pr@raple.co.jp

Comentários


bottom of page